大ダコ 調理編

3.2キロの巨大マダコです。


タコはまずはぬめりを取らなければいけません。一般的には塩を大量にまぶしてタコを揉むのですが、私、この方法だとタコが塩辛くなるので、ぬかでぬめりを取ります。


ぬかがタコのぬめりを吸着してくれるんですよ。所要時間も塩でするより短くてすむし、塩辛くなりません!ぬかは、コイン精米所で無料でもらってきました。


ぬめりの取れたタコは、友人に足4本おすそ分けして、残りを調理しました。


まずはお刺身です。軽く蒸してから薄くスライスしました。完全な生は歯ごたえがありすぎますし、茹でるより蒸すほうが旨味が逃げずおススメです。


それから、日本酒に最高に合う自家製無添加のたこわさ!

①生タコの足は、熱湯で5秒霜降りにし、氷水で締め、水気をキッチンペーパーで取り、細かく切ります。粗めのみじん切りです。

②野沢菜をみじん切りにし、水気を切ります。

③タコ、野沢菜を合わせ、塩麹、あれば納豆こんぶ、鷹の爪の輪切り、焼酎、みりん、きざみわさびをお好みの量混ぜます。きざみわさびはスーパーでもS&Bなどのものが売っていますよ。

④保存容器に入れ冷蔵庫で30分なじませれば食べられます。一晩寝かせると塩麹でタコが熟成されてまたおいしい♪


次に、タコの頭を使ったタコ飯です。


①米2.5合ともち米0.5合を合わせてといで浸水させざるにあげておきます。

②タコの頭はさっと茹でて氷水に取り、水気をキッチンペーパーで取ります。一口大に切ります。

③炊飯器に米とだし昆布一枚を入れ、水、醤油、みりん、酒を入れて3合弱にします。そこにたこと生姜の千切りをのせて炊きます。


タコは余すところがありません。目の周りの軟骨のような部分と頭は塩を振って串焼きに。


タコ最高です!